なぜ女の子がメガネかけるとエロ女教師に見えるのかを解明するブログ。
あのころ冷凍睡眠してたよinひるね
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天沼メガネは空に消えろ
2008年 08月 29日 (金) 21:18 | 編集
20080829211829
DMCシリーズ第参弾。

イースタン、というより極東最前線で仙台に来るのです。でも10月7日です。

とてもじゃないけど、その時期はかなり忙しいことが予想されるので行けなさそうです。悲しすぐる。なんとかして行きたいなあ。

でもプレデターズもアルバム出すのでそれで相殺です。意味分からんけど。ZEPPに来るみたい。正直ジャンクでもいいんじゃ・・・。まあジロオタの黄色い声援がありますからね。こりゃー一般でも余裕そうです。

昨日バイト前にスーパーの外にあるベンチに座ってタバコ吸ってたら、荷物を沢山持った若い男の人が目の前に立ってこちらを見下ろしてた。俺はベンチに自分の荷物を置いていたからベンチに座れなくてこっちを見ているんだなと思い荷物をどかした。まあ4人くらい座れそうな広いベンチだったから全然座れないことはないのだが、俺が荷物をどかすと隣に座ってきた。そしたら「すいません」って話しかけてくるから何だろうと思ったら「タバコを1本貰えませんか?」と言ってきた。まあ別に構わないのでタバコをあげた。そしたら馴れ馴れしく色々話しかけてきたので鬱陶しいと思ってると、いきなり「小銭もってますか?」と聞いてきた。俺が「どうしてですか?」と訪ねると、どうやらこの男性は帰りの電車賃が無くて家に帰れないらしい。「500円ほど貸してくれませんか?」と言ってきた。家は富谷にあって俺らがいるのは旭が丘だ。どう考えても500円じゃ帰れないだろ。しかもなんでそんな旅人的な格好と荷物のくせに近場だよ。とツッコミを脳内で入れつつ実際は小銭だけで千円分ぐらいあるが俺は全財産二千円しか持ってなかったから千円どころか500
円だって貸すのは非常に痛い。つか、見ず知らずの奴に金なんか貸せねーとか思って「ちょっと今千円札しかないんですよ。すみません」と断ると「じゃあ千円貸してくれませんか?」ときたもんだ。俺はもうコイツに腹が立ってきたので「ちょっと無理ですね」と冷たくあしらってバイトへと向かった。

そして後になって考えてみたら、彼は本当に家に帰れなくて困ってるかもしれない。でもこちらとて聖人君子じゃあるまいし、タバコだってタダじゃないんだから俺は悪くないと自分に言い聞かせた。

この場合貸してあげるべきだったのだろうか。ま、俺の財布に5万くらいあったら貸しただろうね。残念だったな青年よ。天沼に消えよ。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) あのころ冷凍睡眠してたよinひるね all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。